(c) 2017 武術の古文書 All rights reserved.


九代 生沼作左衛門 1787−1851
 前田土佐守家臣 経武館多宮流居合師役

源姓 通称 虎之助 新八郎 作左衛門 諱 曹傳(トモツク) 号 素行館 素行軒 素行
父善兵衛に多宮流居合を学び印可を相傳される。そのほかの藝事については明らかでない。
寛政10年(1798)12歳のとき御中小将組に召し出され弐人扶持方下され、五歳の前田直時公御附を命じられる。文化1年(1804)壱人扶持方御加増。
文化9年(1812)前田直時公が御家督を御相続されたとき、奥詰御近習御装束方を命じられ、三日後に給人列に上げられた。 御稽古所主附、同所御目附役、御馬方御取次役を勤め、文化13年・14年は江戸への御供を勤めた。
文政2年(1819)には前田直時公の御前において多宮流居合師範を命じられ、格別の趣を以て御刀を拝領する。
文政4年(1821)35歳のとき父善兵衛の隠居によって家督を相続、これまで前田直時公の御側によく仕えたことから拾石を加増せられ七十石を下された。 同月21日父の跡役として経武館の居合師範を命じられる。
文政5年(1822)奥御用人、文政6年(1823)御番頭へと進むも文政8年(1825)前田直時公の最晩年、役向に不相應の儀あり一旦役務を退けられる。 同年(1825)前田直時公病歿の五日後に奥御用人に復職、文政11年(1828)御番頭に復帰。 文政13年(1830)前田直時公の三回御忌御法事の支配を勤めた。
天保7年(1836)前田直時公の弟主鈴が越中古國府勝奥寺に入寺する際の御用主付を命じられ度々これを勤める。
天保11年(1840)御組頭・御組御取次役兼帯を命じられ、天保12年には白鳳院様七回御忌御法事の支配を勤める。
嘉永4年(1851)前田直良公が江戸表に於いて卒去、御葬式より御百ヶ日迄の御用支配を勤めた。同年歿、65歳。
前田土佐守家 七代直時公(万法院様)・八代直良公(本学院様)に仕え、都合五十四年の御奉公。

掲載史料及び参考資料

『加賀藩生沼家文書』個人蔵
『稿本金沢市史』石川縣金沢市役所
『金沢市史』金沢市史編纂委員会


生沼作左衛門年譜

天明7年(1787)八代生沼善兵衛の子として生れる
寛政10年(1798)1月15日御中小将組召し出され弐人扶持方下し置かれ、万法院様[前田直時公]御部屋住の内御附仰せ付けらる 12歳
享和1年4月16日角入候様仰せ付けらる
享和1年(1801)4月20日前髪執候様仰せ付けられ、虎之助と申し候處、新八郎と相改め候様仰せ付けらる
文化1年4月20日壱人扶持方御加増仰せ付けられ、都合三人御扶持方下し置かる
文化4年(1807)4月25日名作左衛門と相改め候様仰せ付けらる 21歳
文化9年(1812)12月万法院様御家督御相續、御表へ御引移の上
文化9年12月25日奥詰御近習御装束方相勤め候様仰せ付けらる
文化9年12月28日給人列仰せ付けらる 26歳
文化10年2月5日御稽古所主附仰せ付けらる
文化10年11月16日同所御目附役仰せ付けらる
文化11年4月29日御馬方御取次役仰せ付けらる
文化13年7月芳春院様弐百回御忌御法事に付、万法院様御上京の節御往来御供仰せ付けらる
文化14年3月万法院様御叙爵御礼の為、江戸表へ御出府の節御往来御供仰せ付けらる
文政2年(1819)1月28日万法院様御前に於いて居合御師範仰せ付けられ置き候付、格別の趣を以て御道具の内下し置かれ候旨、段々御書立を以て御刀拝領仰せ付けらる 33歳
文政2年6月5日深き思召在らせられ候旨にて御稽古方主付御免仰せ付けらる、但御目附の儀は只今迄の通り相勤め候様仰せ付けらる
文政4年3月10日父善兵衛儀隠居仰せ付けられ、善兵衛へ下し置かれ候御知行六拾石相違無く相續仰せ付けらる、其節御書立を以て万法院様御部屋住以来久々側近く召し仕えられ候處、不調法無く相勤め候付、拾石御加増仰せ付けられ都合七拾石下し置かる 35歳
文政4年3月21日武学校に於いて父善兵衛代りとして居合師範仰せ付けらる
文政5年6月15日奥御用人仰せ付けられ、勤方の儀は只今迄の通り奥詰の方相勤め申すべき旨仰せ渡さる
文政5年6月17日居屋鋪の後御馬場の内地面百弐歩拝領仰せ付けらる
文政5年6月28日失念の趣御座候付、自分指扣え罷り在り候處、翌29日其儀に及ばざる旨仰せ渡さる
文政6年11月3日万法院様御前に於いて御番頭仰せ付けらる
文政8年6月20日役向不相應の儀これ有り思召に相叶わず、役儀御指除き遠慮仰せ付けらる
文政8年8月12日遠慮御免許、奥御用人仰せ付けらる
文政11年7月21日御番頭帰役仰せ付けらる
文政12年(1829)8月28日本学院様[前田直良公]御代 御番頭にて御用所仰せ付けらる
文政13年8月万法院様三回御忌御法事支配仰せ付けらる
天保3年(1832)12月11日御文庫御土蔵主付仰せ付けらる
天保7年主鈴様御儀、越中古國府勝奥寺へ御入寺仰せを蒙り候付
天保7年12月29日右御用主付仰せ付けらる
天保8年2月22日御當地御發足、其節御見送りの為勝奥寺へ罷り越す
天保8年3月1日罷り帰り候處、本学院様御前に於いて御目録を以て金弐百疋下し置かる
天保8年3月29日重ねて御用これ有り勝奥寺へ御使仰せ付けらる
天保8年4月6日罷り帰り申し候
天保11年1月18日重ねて勝奥寺へ御使御用仰せ付けられ發足仕り
天保11年2月13日罷り帰り申し候
天保11年9月1日本学院様御組頭仰せ付けを蒙られ候付、同日御組御取次役兼帯仰せ付けらる
天保12年4月25日白鳳院様七回御忌御法事支配仰せ付けらる
嘉永1年5月清寥院様御幟御用主付仰せ付けられ、右御用相勤め候付、御目録を以て金子下し置かる
嘉永4年4月本学院様江戸表に於いて御卒去に付、御葬式より御百ヶ日迄の御用支配仰せ付けらる
嘉永4年(1851)7月18日病死仕り候 65歳

生沼作左衛門関係文書

縁組願

1810. 秘歌私解 文化7年12月


多宮流居合相傳之次第


1821. 多宮流居合極意 文政4年8月


1825. 多宮流居合極意之解 文政8年3月


1827. 起請文前書註解 文政10年2月2日


1832. 無邊流鑓術傳来之書草稿 天保3年閏11月写


槍術秘傳書


1825. 跋多宮流居會勝口勝負傳来之書 文政8年6月

TOP