(c) 2014-2017 武術史料拾遺 All rights reserved.

八代 生沼善兵衛 1764−1830
 前田土佐守家臣 経武館多宮流居合師役

通称 與三兵衛 与三兵衛 善兵衛 諱 曹孝(トモノリ) 曹照(トモテル) 中嶋武兵衛の二男 兄は七次
篠原権五郎に多宮流居合を学び印可を相傳される。そのほかの藝事については明らかでない。
天明3年(1783)加賀八家の筆頭たる前田土佐守家来 生沼浅之進(当時、御目附役)の養子となり、天明5年(1785年)御中小将組に召し出され、御料理之間詰、御式臺御中小将番、御角番を勤めた。
寛政6年(1794)養父浅之進(当時、御臺所奉行)の病死によってその遺知を相続、同年御時宜役となる。 文化10年(1813)御目附役を命じられ、翌年には頭並となり御用所勤め、御武具方・宗門方を兼帯。文化13年(1815)足軽頭に進む。 文化14年(1817)には殿様の江戸御供を無事に勤め、同年名を善兵衛と改めるよう命じられた。
文政3年(1820)藩の武学校「経武館」の居合師範役を命じられ、定日に出座することゝなる。これは前年に嫡子の曹傳が殿様の居合御師範を命じられたことが背景にあると思われる。 翌年、家中の定によるものか隠居を命じられ弐人扶持を下された。文政13年(1830)歿、67歳。
前田土佐守家 六代直方公・七代直時公に仕え、都合三十七年の御奉公。

生沼家の系譜

初代 一木善左衛門
微妙院様御代、御当地に罷り越し願い奉り候ところ、御元祖本多安房守様へ御招き堪忍分として新知二百石を下される。寛永13年12月14日歿。

二代 生沼十兵衛
長安寺様御代、寛永15年召し出され新知百五十石を下される。苗字”生沼”に相改め候子細伝承仕らず候。寛文1年12月5日歿。

三代 生沼善兵衛
長安寺様御代、父十兵衛跡目として召し出され百石を下され、小松御城中御作事御用。佛心院様御代、御普請会所下奉行。元禄6年12月2日歿。

四代 生沼善兵衛
御中小将組(御近習)−遺知百石御式臺御取次番−大御目附役(御算用所詰)−御普請会所下奉行−大銀支配・御借用銀方・御倹約之節御作事方(頭並)−御臺所奉行−御組御取次役・大銀支配・御借用銀方・宗門御用−足軽頭。正徳6年5月8日歿。

五代 生沼善兵衛保久 中川式部様御家来野崎弥兵衛二男 元禄9年(1696)生−寛延3年(1750)3月15日歿、55歳。
末期聟養子、跡目として召し出され遺知百石を相続。御式臺御取次番−足軽頭−御組御取次役・御用人−御歩頭−御組御取次役−御小将頭−中症煩いにつき改役のほか免許、保養−隠居。寛延3年3月15日歿。

六代 生沼十兵衛 五代善兵衛嫡子。
御中小将組(御次詰)−御式臺番−御次詰−御前御納戸御奉行・御目附御倹約方御用−御知行百石相続−御前御普請請会所下奉行役−不調法の趣御座候につき逼塞−逼塞免許、御式臺番−不調法の趣御座候而、御知行御取上げ、八人扶持下され逼塞−逼塞免許、御中小将組(御式臺御中小将番)−江戸御供−御簾番−御国目附(御用津幡への御供)−御供方御目附。宝暦8年11月歿。

七代 生沼小右衛門−浅之進曹久(トモヒサ) 五代善兵衛三男。享保19年(1734)生−寛政6年(1794)5月4日歿、61歳。
御歩頭−詠帰院様(三左衛門様)御幼年につき御附−御小将組−御中式臺番−御先供役−御角番−御中小将組−遺知百石の内五拾石下される、残知は勤方次第−御時宜役−御目附役−御叙爵御供−御引足知拾石下される−御式臺番−御臺所奉行。寛政6年5月4日歿。

掲載史料及び参考資料

『加賀藩生沼家文書』個人蔵
『稿本金沢市史』石川縣金沢市役所
『金沢市史』金沢市史編纂委員会

生沼善兵衛年譜

明和1年(1764)中嶋武兵衛の二男として生れる
天明3年(1783)7月生沼浅之進養娘へ聟養子願い奉り候處、願いの通り仰せ出ださる 20歳
天明5年9月1日御中小将組召し出され弐人扶持方下し置かれ御料理之間詰仰せ付けらる
天明5年10月御式臺御中小将番仰せ付けらる
天明6年篠原権五郎尚賢より印可相伝 23歳
天明6年5月19日御角番仰せ付けらる
寛政3年(1791)12月21日壱人御扶持方御加増仰せ付けられ、都合三人扶持方下し置かる
寛政6年7月11日養父浅之進遺知[六十石]相違無く相續仰せ付けらる 31歳
寛政6年9月27日御時宜役仰せ付けらる
文化10年(1813)7月14日御目附役仰せ付けらる 50歳
文化11年3月24日頭並仰せ付けられ御用所相勤め候様仰せ付けられ、御武具方・宗門方兼帯相勤め候様仰せ付けらる
文化13年閏8月17日足軽頭仰せ付けらる
文化14年3月万法院様御叙爵御礼の為江戸表へ御出府の節、江戸表貸小屋請取り并びに御宿見分を為す
文化14年3月19日發足仰せ付けられ御帰りの節、御供御先祓い御宿相勤め候様仰せ付けらる
文化14年6月19日名與三兵衛と申し候處、改名仕り候様仰せ付けられ善兵衛と相改め申し候
文政3年(1820)8月8日武学校に於ける多宮流居合師範方仰せ付けらる 57歳
文政3年10月23日御歩頭仰せ付けらる
文政4年3月10日御番定を以て善兵衛儀極老と申すにてはこれ無く候得共、是迄数役相勤め御師範も申し上げ候に付き隠居仰せ付けられ、弐人扶持方下し置かる 58歳
文政13年(1830)7月5日病死仕り候 67歳

生沼善兵衛関係文書

1705. 多宮流傳書 宝永2年12月


1783. 縁組願 天明3年7月28日

1786. 多宮流印可口傳目録 天明6年


−1817. 多宮流定書 文化14年以前

生沼善兵衛が改名を命じられる以前、與三兵衛と称していたころに作成された定書。これによって前田土佐守家における多宮流居合の稽古日が明らかとなる。

居合稽古毎月定日
三日・八日・十三日・十八日・廿三日・廿八日
刻限朝六半時より昼九ツ時迄之内御勝手次第御出座有るべき事

同奥稽古毎月定日
五日・十五日・廿五日 刻限右同断

のちに善兵衛が経武館の師範役に抜擢されたのは、家中において多くの門弟を指南していたからであった。経武館初出座のときの門弟は六十一人を数えた。
「武術に練達して門弟に教ふる者にても、其門弟極めて少数なれば、経武館の師範たることを得ざりしもの」、武藝の練達のみで撰抜されず、門弟の人数が少ないため出座の撰に漏れた師範も多くいた。

TOP