(c) 2017 武術の古文書 All rights reserved.

揚心流薙刀の草稿

凡例
一 読み易さという観点から片仮名を平仮名にし、且つ改行・空白を入れ、各見出しに■・□を附すなどしました。私判断の区切りは動作の表現を損なうと考え句読点は打っていません。
一 旧字体・異体字は出来るかぎり原文のまゝ表記しました。但し「山+々」と書いて「出」、足偏を書かない「距・離」などは通用の文字に改めました。また、片仮名の合字も通用の文字に改めました。
一 抹消・改変、あるいは明らかな誤字・脱字・衍字についてはそのまゝ表記しました。但し本文の右傍・左傍に書かれた挿入すべき部分は前後の文脈や抹消部分とを見合わせ適宜本文に挿入しました。読み仮名には()を附して本文に挿入しました。
一 ●は管理人不読、[]は管理人註を示します。

掲載史料及び参考資料
『肥後熊本藩星野家文書』個人蔵

薙刀 刃筋五本 半棒(杖)五本 太刀合八本 奥儀六本 棒合二十一本 附図




















 薙刀
■ 刃筋 六本

□ 突切り
構中段 左先き左よりふみ出し二歩目にて打太刀をはつし三歩目にて相手の右の手の上に刃を下にむけて突込む 而して引落す 足は後足より送り引にして間合を取る

□ 引切り
構中段 左足よりふみ出し三歩目に相手の上段より打手を下より上に掛けて而して後足より送り引にして敵の右脇下より上に引切る

□ 揚け
構は左先きに開く 左足より三歩目に相手の上段より我れの真向へ打つを右に外づして相手の右の脇下を掛けて後足を送り引にして静かに間合をとる

□ 掛け
揚けの反対にして右先きに構へ開き手其他は揚に同し

□ 拂ひ
薙手左先きにして左斜に開く薙刀を帯の高さに持ち三歩目に相手を打太刀の揚がるを機會として後足より送り引にして拂ひ右のこぶしで返して又候敵の左下を送り引きにして薙く而して先の位置に復す


半棒禮式の作法 [図]

■ 半棒 杖と云ふ

□ 躰先
杖の先より三分の一の所を握り少しく後ろの下る様に握り右の手にて提げ持つ
行きがゝりに急に左足を先きにして敵か我れの面上に打込む機に敵の右脇に斜に入り込み直ちに右の手を先きにして敵の面部をさす其時敵は少しく手を上けて之を防く時左り先にして下より敵の面部にさしつける敵は之を外づして我が左足を拂ふ我は左足を引きて棒にて受止め右に巻落して左足を出して上段に棒を構へ勝位をつける

[上端メモ] 半棒長さ乳切の寸約四尺巻●●改之八分前

□ 鍔留
構へ前に同じ敵より我か横を拂はんとする処を棒の三分の一の處にて敵の右手を押へる敵引上ける処を下より左の手にて棒の三分の一の頭を握り左手の掌は我か方へ向く様に握り右の手は掌の外に向く様にして敵ののどを左足より二歩目に右足を敵の右足の後へふみ込て押す其時敵は飛退りたる處を左先きに打つ(敵の体を外つして右の側を強く打つ)

□ 拉き
構へは棒の三分の二を向へ出し太刀を持つ様に下け敵が我か真向へ打込む太刀を左先きして受留め又敵より腹の右を拂ふを我か左手を前に下けて右腋に張出して受留めて其侭左の手をはなして棒を返して的の左側を強く打つなり

□ 巻請(まきうけ)
棒の三分の一前に出して握り棒は後ろの下る様に構へて直ちに進行す敵は陰敵ある故我より進みて我か右肩より振り込み右先きして少しく右に明(あき)(空(あき))をみする時敵は我か真向へ打込む處の太刀を左先にて受け止め右先にして敵の左横を強く打つべし

□ 飛鳥
構へ太刀を持つ様にして手元を少しく高く持ちて敵の面部にさし附ける其時敵は棒を我が右へ打拂ふを棒を少しく下におるして之を外づして敵の右小手を打つ其時敵又我が右腹を拂ふを引餘して右の足を一歩引きて直ちに其右足を出して的の左側を強く打つ


 薙刀
■ 太刀合ひ 八本

□ 巻指
構左先にして右の手にて切先きを左に斜に開く相手の打太刀を下に外つして敵の胸間に突込み相手再び太刀を上段に揚るを下より石突にて相手の面を突き而して柄を後に素扱きて手幅を廣け右先きにて敵の頭上に打込む

□ 差附
左先にして右の片手にて左へ斜に開き二歩目に相手の上段より打機會に石突にて右先きに合せ手を石突まで取延はして敵の右足を拂ひ上段に直して勝位を取る

□ 水月
足は左先にして薙刀は右先に持ち切先きを後にして右の脇上段に構へ二歩目に相手のかゝる機會に石突まで取延べて相手の左右の肩を切る然して相手の太刀を引上る間合を見て石突にて相手の水月(胸間)を突く而して石突迄取延べて相手の肩に切込む

□ 巻落
足は左り先きにして薙刀の央を右の手にて持ち斜に切先を左斜に開く 三歩目に敵の上段より打込むを左へ飛び外づし敵のすねを石突にて拂ひ敵の再ひ上段より打込むを機會に下より石突にて相手の面に當る其侭取延べて敵の右けさを切りて勝位を取る

□ 餘し(あまし)
足は右先にして左手にて薙刀の央を取り切先は右先きに取り右の足より三歩目にて一度足を揃へ右斜に飛直つて相手の足を拂ひ再ひ敵の上段に振り揚るを石突にて下より相手の面に當る而して手を取りかえて敵の右けさに切込みて勝位を取る

□ 出頭
薙刀を右の手に持ち開て構へ左足より二歩目に敵の小手を切る以下駈るの突に等し

□ 鑓迦(やりはずし)
構へ前に同し左足より出し三歩目に左へ餘して敵の小手を切る以下駈るの突に等し

□ 上指(あけはし)
構へ前に仝し左足より二歩目に敵の面上より打込むを下より石突にて敵の面部に當る心持ちにて合せ直に敵の肩へ切込む勝位をつける
但 星野九門の改ひにて合せの処より直にをつ取り直して敵の左足を切り拂ふ此の改ひにて差付の右足を拂ふと相以て都合よし


■ 薙刀

□ 虎乱
薙刀を右の手に持ち左足を先にして構へ左足より出て三歩目の足にて左斜に左足を開き右足を揃へて直に其右の足を右斜前に出して敵の手を切る而して左足にて薙刀を敵の右脇に掛ける

□ 正眼
薙刀を右先に持ち上段にして左足先にして構へ右足より踏出し三歩目に敵の真向へ打込む敵は之を右に流して薙刀を押へるを薙刀にて巻落し左足を出して石突にて敵の膝頭に当り敵は之を我れの右に拂ふを送り足にて又左足先にして敵の面部に当る

□ 正眼の第二の変化
構へ薙刀を左先に持ち上段に右足先にして立つ左足よりふみ出し三歩目に敵の面上に打込む敵は之を左へ流したるを送り足にて敵の右脇を薙刀にて掛る処を敵少しく退きて太刀にて薙刀を押へるを右に之を巻落し而して切先にて面部を突く

□ 水車
左足を先きにしてふみ薙刀を右の手に持ち構へ後足より一歩目進む毎に薙刀を振り込み其三振目の薙刀を敵より押へるを我は左へ巻落し其侭切先にして敵の面部を突く

□ 間隠(まがくし)
構へ薙刀を右先に持ち上段に構へて足巾廣く構へ後足より出して四歩目に我か左手に敵か切込むを左足を引きて之を外づし敵の左肩を切る(但し構へる時に少しく左をあけて居る)

□ 石突の勝
構へ薙刀を右先に持ち上段に構へて足巾を廣く構へ後足より出し四歩目にて敵は直ちに大上段に太刀を振上げて打込まんとする機を我は下より少しくこしを低くして石突にて敵の面部(こばな)を突く


■ 棒合
棒の長さ 五尺五寸
差渡し  一寸一分
     両口一歩落す

□ 相構
双方共左先き

[図]

相手は棒の下た尻を左に取り右足を踏込仕手の左足を拂ふ仕手は棒の上尻を左手にて握り左足を引左下たに突立請留め相手は拂ひたる棒を其侭上段に直し仕手の頭を打つ仕手は右手を上になし左手を棒の半はを握り右足の侭躰をひねり左より刎ね又其棒先き握り相手の棒を左より打落し勝位をつける

□ 岩石落し
双方共右手にて真中を握り一文字に提け行合相手は仕手の頭を右手足先にて打、仕手は提げたる棒の先きを握り右手足先にて右より相手の打込む棒を右より左に刎ね直ちに左先きにスゴキとり左手足先にて相手の棒を打落し勝位をつける

□ 花車
[図]
是は車の如く仕手右足を踏込相手の頭上思観念にて打込相手は左足を引き打合す仕手は棒を左後へ引取り指を取り直し左手足先に打込相手は右足を引き左手足先にとり打合す
 此技は棒の跡先の自由にスゴキ指とり直し振廻す稽古の主眼あるへし

□ 袖隠
棒の半を持ち右の手にてさげ行合に敵か真向目かけて打込を左へ一足揃へて開き流し右の足を出して棒を打つ又向より右の足を拂ふ依て右の足を引きて棒にて受け止め右の足を踏出して的の真向を打つ

□ 袖隠しの変化
棒の三分の一たけ先を出して握る敵より我か真向に打込む時に右足を出して一文字にして我れ面上にて受け止める其時は右の手は内を向き左の手は外を向きに或る様にして躰を少しく低くして右にはね其侭取替へ左足を出して棒を打落し勝位をつける

□ 陰の燈
棒を右の手にて中を握る而して進行中に敵後よりかゝり声をかけて真向へ敵より打込むを我は左足を引きて下より我が左にはね取替へ左足先にして棒を打落し勝位をつける

□ 陰の燈変化
棒の持方前に等し敵後より来りて声をかけ我の右の方より足を拂ふ我は左廻りして左足を引き打つ棒を受止める其時敵は又我か頭を打つを我は夫れに應して其侭右足先にして体をひねりて打落我か右にはねる而して左足を出し取替へ敵の棒を打落して勝位をつける

□ 笠迦
棒の持方前に等し敵か我か頭を打つを棒の先き頭を左の手を内向きにして取り右の手を廣げ真一文字に受け止め(左足先きにして)る敵は又我か足を我の左方より拂ふを左足を引きて手を握り替へて右の手を上にし左手を下にして受止める敵又我の頭を打つを我れは之に應して体をひねり左より右にはね左足を出して敵の棒を打落し勝位をつける

□ 捜り
構へ前に同し行合に真向を打ち合せて右の足を一歩引き棒を後に開き猶又右の足を出して打合せ其侭躰をひねり向の棒を我か左より右にはね取り替へて向ふの棒を打落して而して勝位をつける其時相手より又た我か右腹を拂ふ其時に左足を引き棒を立にして受止め又左足を出して敵の腹部を突く

□ 行合
行合に真向を打ち合せ、向より我か右のすねを拂ふ故に右足を引て棒を受け止め右の足を出して敵の真向を向打つ

□ 浦の波 [図]
双方共右手一文字に提け行合相手は左手にて棒の踏尻を握り右手足先に仕手の左足を拂ふ仕手は提けたる手際(ぎわ)を握り右手跡に取延へ棒の先きを少し左へ張り出し下につき立て受留むる相手は打ちたる棒を引き取尻にて仕手の右足を左より拂ふ仕手は左足を引き右先きなり尻にて下たへ突立請留める相手は左足を引くと同時に右先にて仕手の頭を引打にす 仕手は其侭尻にて右より刎ね左先きにスゴキ指を取り直し左より棒を打落し勝位をつける

□ 浦の波(再出)
前初行かゝり左足先にして敵か我か左足を拂ふを受け止め左足を引きて右足を拂ふを受止め其侭右より左にはねて左足を出して棒を打落し勝位をつける
是は右の手にて棒の半を直線に提げ左足先にして敵か我か左足を拂ふを左の手を下にして知りにて左の手は内向きに右の手は上にして外向に受け止め又相手我か右足を棒尻にて拂ふを左足を引きて右の手を下に外向きにし左手を上に内向にして受止めて足は其侭にして右よりはねて左足を出して棒を打落し勝位をつける

□ 松風
双方共に頭上に斜に棒を構へ頭と腹部とをかこいて相掛りに右足先にして双方共に下にて打合せて直ちに右に巻落して左足を出して棒を上段に構へ勝位をつける

□ 村雨
左の足を後にして開きて一文字に構へ向ふより来りて敵より我か真向を打つを右足を引きて棒を打落す又敵より我が左足を拂ふ依て左足を引きて棒にて受止めて左足を出して棒を打合する

□ 幻(まぼろし)
棒を下けて構へ向より真向に打込むを右に棒にて流し餘して右の足を半は出し左足を半引きて棒にて受とめ右足を出して棒を打合せ躰をひねり左先きにて棒をはねる而して取替へて左先にて棒を打ち勝位をつける

□ 猿飛
双方共一文字に棒を提け行合相手より右先になりて仕手の足を拂ふ(左より右に)仕手は高く之を飛越し棒の跡尻を左手に握り相手棒を右先きにありて打落し左足を少しく前に出し上段に上げ勝位をつける

□ 半竹 短き竹杖の意味
杖の頭を握り杖の尻は我れの後へ直線(即ち水平線)にして右の手にて握り敵か我か方へ面部へ突きかゝるを我杖を握りたるまゝ左り巻きに敵の刀を一回巻きて杖尻を相手の面部に突きつけて構ゆる

□ 霞之鞭
即ち俗に目つふしといふ、竹杖の内に砂及ひ唐辛を粉にして敵の目に振りかくる事

□ 附合(構下段)
相手の太刀を正眼に構へて我れにさし附くるを我れ右の手にて下段のまゝ夫より直ちに上にあけて敵の刀の処に我方より向つて右の方に外に合せて戻る、其時敵は引上けて上段より打ちをろさんとする処を左手にて左足を出し相手の右の手のひじの根を母指を上にして押へ上け右の手にて相手の面部に付き附る構ゆる

□ 霞
此説明は圓は巻の始めに書せり故に是に略す

□ 微塵(構へ下段)
相手我れの真向に打込み来るを我れは直ちに刀を上げて左りに相手の太刀を流し落して右足を出して敵の肩を打つ(即ち半身と成りて扇團のかへし)薙刀を水月の様に構へ(上段)行きがかりに相手か我れに真向目かけて切りかくるはすみに我れは右足を出して直ちに敵の左の腹を拂ふなり


(表の定義)是は流儀の極度を表はするを以て表と云ふ
(形の定義)形は一つの模型也是より様々にはたらきを生する模型なり
 少しく左足を出して斜に成りて構ゆる
 相手は我か横腹を拂ふ其時一足後へ揃へてすざり右の片手にて相手の真向を打ちびじく

霞図 [図]

間を隔て切るを禮とす重もに突き切りにて首を突切り其餘力の本人のひざがしらに切り込まぬ様に注意すへし

第二図 [図]


軍中馬上の図 [図]

薙刀の石突を あぶみの内の左に立てゝ我れのびをにてあさみて立て而して手綱を取る


介錯の薙刀(是女子を切るの禮法也)

第壱図 [図]

棒術規定 棒合十五本











■ 棒術
棒術は楊心流薙刀術の一部にして試合に於て薙刀の刃先を切断せられし際本棒を以て立合ひ尚ほ本棒を切断せられし場合半棒を以て試合を継續するものとす

□ 名称
一、相構   一、岩石落    一、花車
一、袖隠 表裏 一、陰之燈 表裏 一、笠迦し
一、捜り   一、行合     一、浦之波
一、松風   一、村雨     一、幻
一、飛鳥猿飛

□ 規定
一、平素の練習に在りては業をなす以前に於て豫想する位置に棒を出し置くものとす其法左の如し
 仕手の棒は相手の左側にあるものとす
[図] 相手───━━───仕手
       此間八寸

[上端メモ]
正式
棒の寸法長さ五尺五寸
直径一寸一分

一、開始前姿勢
 一、相手及仕手共棒の直後約一歩の処に位置し互に頭を少し前に傾け立礼をなすものとす
 二、左足を一歩斜左に出し右足の処に引付け頭を正面にす
 三、半右向をなし足先の方向に体を屈め臀部を両踵の上に托し膝頭を地より離す
 四、右手を以て棒の後端を握り右膝の上に持来し左手は左膝の前にて棒を握る
 五、右手を以て左手の下を握り正面にむきつゝ起立し棒を垂直にし右腰に接して立て左手を放つ

一、仕手及相手間の距離
 業をなす前に於ける距離概ね三間を隔て但一部分の業を左の如く区分す
  相構 花車 村雨 約一間
  陰之燈      相手の停止せる約二歩前
  幻        約一間半

一、勝位の区別
業の終りに於ては勝位をなすものとす勝位は上段、中段の別あり(薙刀術の構へ)又た頭上に於てなす勝位あるも実地に於て説明をなす


■ 業の仕方

□ 相構
仕手及相手共
一不動の姿勢を取り棒を右腰に接し垂直にす
二坐の 右向をなし左肩を正面にす
相手 前より上に棒をあけつゝ左手を以て棒の後端を握り右足を踏出し仕手の左脛を拂ふ
仕手 右踵を軸とし左にめくり左足を斜後に引き右足先を内にし左手を以て棒の上部を右手を以て棒の中央を握り右足先の方向約一尺の処に棒の後端をつき(左手は左肩の前約五寸の処に持来す)相手の棒を受く
相手 打込みし棒を再ひ振上け仕手の眼先きに向ける
仕手 左手のある処に右手を(親指を外にす)右手のある処に左手を(親指を内にす)移し右足先か外に左足先か内に向く如く体をひねり(少し左肩を前にす)棒の後端を以て相手の棒の右側を拂ふ
相手 棒の前端を仕手の眼先をつけなから一歩後へ退かる
仕手 右手を放ち左手を右眼の前(約五寸)に持来しつゝ右手を以て棒の後端を握り頭の上より左足を踏込むと同時に再ひ仕手の右側を拂ふ續て勝位をつける(上段)
相手 拂はれ棒は左脇下に引く

□ 岩石落し
仕手及相手共規定の距離に立ち 棒の中央を握り水平に保持し右足より踏出す
相手 右手を前にあけつゝ左手を以て棒の後端を握り左前より右肩の上にあけつゝ仕手の真向を打つ
仕手 相手の打下す棒を左手を以て棒の前端を握り後端を下より前に振出し相手の棒の左側を拂ふ
仕手 両手を前に送り(右手を以て後端を左手を以て中央を握る)右足を踏込み相手の棒の右側を拂ひ續て勝位をつける(上段)
相手 棒を左脇に引く

□ 花車
仕手相手共 規定の距離に立ち右手を以て棒の中央を握り後端を前に出しつゝ左手にて後端を握り(後端を握りしときは右肩の側に持来し前端を後端よりは少しく高し左手の親指は下より右手の親指は上より握る)左足を一歩前に踏出す
相手 両手に握りし棒を少しく上にあけ発動の気を見せる
仕手 其気に対し右足を一歩踏出し相手の真向に打込む
相手 左足を一歩後ろに引きつゝ仕手打込む棒を受く
仕手相手共 棒を左肩の方に持来し手を握り替へ(握り替へる以前にありては右手の親指は上に左手の親指は上より握る下をむきあり)是を更対に前に手をすべらしつゝ右手を以て前端を左手にて中央を握り(此時左手の親指は上より右の親指は下より握る)左足を踏出し眼前にて打合せる
相手 棒を右脇下に引き
仕手は拂打込みし侭勝位をつける(中段右先)

[花車上端メモ]
相手 棒先を仕手の眼先きつけつゝ送り足にて一歩さかる

□ 袖隠 表
仕手相手共 規定の距離に立ち棒を水平に持ち相手は右足仕手は左足より発進す
相手 棒を右上に振上け仕手の真向に打下す
仕手 三歩目の左足を左に踏開き右足を左足に引付けると同時に右手を右眼の高さに持来し(前端即ち左上を高くし後端を低くす)打込み来る棒を右下に流す流し相手 棒を地上に打込む 仕手更に左足を斜左後に引くと共に棒の後端を(胸の前)左手にて握り両手を以て相手の棒を押へる
相手 押へられ棒を引抜き左足を踏出し棒の後端にて仕手の右脛を拂ふ
仕手 右足を引き棒の後端を左足の少しく右につき拂ひ来る棒を受く
相手 両手を以て棒を右肩に振上け左足を引き仕手の真向に打込む
仕手 相手の打込む棒に対し両手を以て右肩に振上け右足を踏出し相手の棒を拂ひ勝位をつける(右先の中段勝位)
相手 棒を左脇下に引く

□ 袖隠 裏
仕手相手共 規定の距離に立ち棒を水平に持ち右足より発進す
相手 三歩目左手を以て棒の後端を握り右肩の方より仕手の真向に打込む
仕手 棒の後端を左肩の方へ持来し左手を以て後端より少しく内の方を握り(右手の親指は上より左手の親指は下より)体を少しく低くし頭を掩ふ如くして打込む棒を両手の中にて受く續て棒の後端を前に振出し相手の棒の右側を拂ひ次に右手を放ち左を頭の上に持来し右手を以て後端を握り左足を踏込み相手の棒の右側を拂ひ勝位をつける(上段)
相手 棒を左脇下に引く

□ 陰の燈 表
仕手は相手の位置に至り約二歩前に於て背を後にし棒は水平に持ち起つ
相手 棒先を以て仕手棒尻に軽く觸れる
仕手 左足より発進し三歩目に 左足か地につくとき
相手 「ヤー」の掛声なし續て後頭に打込み来るを以て
仕手 右足を一歩踏出し両踵にて後ろに振りむき棒の前端を左手にて握り左足を右足の後方に引き体を少しく屈め両膝をひねり棒の後端にて相手の棒の左側を拂ふ
相手 送り足にて一歩退りつゝ棒先を仕手の眼前につける
仕手 両手を左斜後に滑らし手を放ち右手を以て頭の上に持来し少し左へ廻し左手を以て棒の後端握り左足を踏込み相手の棒の右側を拂ひ勝位をつける(上段)
相手 棒を左脇下に引く」

□ 陰之燈 裏
仕手は相手の位置に至り約二歩前にて背を後ろにし棒を水平に持ち起つ
相手 棒先を以て軽く仕手の棒尻に觸れる
仕手 左足より発進し左足か地につかんとするとき
相手 「ヤゝ」の掛声をなし續て左手を以て棒の後端を握り右上より仕手の左脛を拂ふ
仕手 右足を地に踏み両踵にて後に振むき左手にて棒の後端を握り棒の前端を左上より右上に丸く廻しつゝ左足を引き相手の打下す棒を左に拂ふ
相手 拂はれ棒を上に振上け仕手の左頭を打つ
仕手 両手を以て上に振上け相手の棒の左側を拂ふ
相手 送り足にて一歩退り眼先きにつける
仕手 両手の位置を少し上にすり上け体を少し屈め膝をひねり棒の後端を前に振出し相手の棒の右側を拂ひ續て右手を放ち左手を頭の上に持来し棒先を右上より左上に丸く廻し右手にて棒の後端を握り左足を踏込み相手の棒の右側を拂ひ勝位をつける(上段)
仕手 棒を左脇下に引く

□ 笠迦し
仕手相手共規定の距離に立ち棒を水平に持ち右足より発進す
相手 三歩目棒の後端を握り頭の上より仕手の真向に打下す
仕手 右手を以て眼の高さに持来し(親指は下より握る)左手を以て棒の前端を握り(親指は下より握る)と同時に右手を右に廣け両膝を少しく屈め体を低くし棒を以て頭を掩ふ如くし両手の間にて相手の棒を受く
相手 仕手か棒を受けしを以て更に右上より仕手の左脛を拂ふ
仕手 左手を放ち左肩の上より後へ右に丸く廻しつゝ左手を以て棒の後端を握り左脛を拂ふひ相手の棒を支ゆ
相手 送り足にて一歩退り棒先きは仕手の眼先きにつく
仕手 棒の両端を左前に振出しつゝ両手の位置を少しく上にすべらし膝をひねり相手の棒の右側を拂ひ續て右手を放ち左手を以て棒先を右上より丸く左上に持来し右手を以て後端を握り左足を踏出し相手の棒の右側を拂ひ勝位をつける(上段)
相手 棒を左脇下に引く

□ 捜り
仕手相手共規定の距離に立ち棒を水平に持ち右足より発進す三歩目右手を頭の前に持来し左手を以て棒の後端を握り(棒先は斜右上にむく)双方より眼前に打合す一端次に右足を後に引き更に右足を踏出し再ひ眼前にて打合す
相手 送り足にて一歩退り棒先を仕手の眼前に突付く
仕手 棒の後端を左前に振出し両手の位置を少しく上にすりあけ膝をひねり相手の棒の右側を拂ひ續て右手を放ち左手を頭の上より丸く廻し右手を以て棒の後端を握り左足を踏出し相手の棒の右側を拂ひ勝位をつける(上段)
相手 左足を踏出すと共に棒の後端を前に振出し仕手の右腰を拂ふ
仕手 右足を右足の踵の線まて引き棒を手前に引きつゝ右側につき垂直にして右肩を掩ふ如くし相手棒を受け更に左足を踏出すと共に棒を前に倒し上体を少しく前にかけ相手の胸部にむけ「ハゝッ」の掛声にて当る
相手 棒を左脇下に引く

□ 行合
仕手相手共規定の距離に立ち棒を水平に持ち右足より発進す三歩目右手を頭の前に持来し左手を以て棒の後端を握り右肩の上に振上け双方より眼前にて打合す
相手 左足を踏込むと同時に棒の後端を前に振出し(前に振出すときは両手の位置を上にすへらす即ち右手は棒の前端左手は中央を握る)右脛を拂ふ
仕手 右足を引き棒を右斜前につき(此時左手は中央右手は上部を握る)相手の棒をうく
相手 左足を引き棒先きを仕手の真向に打込む
仕手 右斜前につきし棒を上にあけつゝ右足を踏込み相手の棒の左側を拂ひ續て棒の後端を前に振出し相手の棒の右側を拂ひ更に右手を放ち左手を頭の上より丸く左へ廻し棒の後端を握り左足を踏出し相手の棒の右側を拂ふ勝位をつける(上段)
相手 棒を左脇下に引く

□ 浦の波
仕手相手共規定の距離に立ち水平に持ち相手は右足仕手は左足より発進す
相手 三歩目左手を以て棒の後端を握り右肩の上より仕手の左脛を拂ふ
仕手 相手の打下す棒に対し左足の脛を掩ふ如く棒を左足の前につく(此法は右手を腹の前に持来し棒先きを下にむけ左手を添へて左足の前につく依て即ちつきしときは左手は中央にて親指は上より右手は後端にて親指は下より握る)
相手 左足を踏込むと同時に棒の後端を前に振出し右足の前に(左手は中央右手は上を握る)仕手の右脛を拂ふ
仕手 左足を引きつゝ棒先をあけて後端を右足の前につき相手の棒を受く
相手 棒を右肩の方へ振上けそへ両手をすりあけ(右手は中央左手は後端を握る)左足を引きて仕手の真向に打込む
仕手 棒の後端を前に振出し相手の棒の右側を拂ひ棒を左肩の後に引くと同時に両手は前にすべらし(左手は中央を握り親指は上より右手は後端を握り親指は下よりす)左足を踏出し相手の棒の右側を拂ひ勝位をつける(上段)
相手 棒を左脇下に引く

□ 松風
仕手相手共規定の距離に立ち左肩を少しく前にし棒を眼の高にあけ水平に持ち頭を正面にむけ右足より発進す
相手 三歩目右手を頭の上に持来し左より右へ廻し左手を以て棒の後端を握り上より仕手左脛を拂ふ
仕手 三歩目右手を頭の上に持来し左より右へ丸く廻し左手を以て棒の後端を握り相手の打下す棒を受け(此時双方の棒先は交叉しあり)臀部を少し後へ引き棒の前端を以て相手棒先きすくい右上に強くはね落し左足を出し左手か前右手か後へ行く如く真向にあけ上体を少し前に傾け勝位をつける(頭の上)
相手 棒を左脇下に引く

□ 村雨
仕手相手共規定の距離に立ち左足を後に引き棒を左肩の傍に持来し左手を以て中央を(親指は上より)右手を以て後端を(親指は下より)握り棒の前端は稍高くす
相手 左足を踏込み仕手の右肩に打込む
仕手 右足を後ろに引き打下す棒先をはずし両手を以て相手の棒を押ゆ
相手 押へし棒を手前に引抜き右足を踏込み棒の後端を右前より振出し仕手の左脛を拂ふ
仕手 左足を引くと同時に棒の後端を左前地につき相手の棒を受け續て棒先きにて相手の棒の先きを内より巻き右上に巻落し左足を踏出し左手を前に右手を後になる如く頭上にあけ体を少しく前にかけ勝位をつける(頭上)
相手 棒を左脇下に引くと雖も仕手か巻落せしとき棒の後端は左上より落ち来る

□ 村雨
仕手は相手の約一間半に棒を水平に持ち立つ
相手は左足より発進す二歩目左手を以て棒の後端を握り真向より仕手の左肩に打込む
仕手 右足を右へ踏開くと同時に右手を左肩の前に持来し棒の前端を低く後端を高くし相手の打込む棒をとき
相手 左足を右足に引付け左に流し續て左足を後ろに引くと同時に右手を頭の左より後へ右に大きく丸く廻し左手にて棒の後端を握り相手の棒を押られん棒を引抜き右手を上左手にて中央を握り棒の後端を左前に振出し仕手の右脛を拂ふ
仕手 右足を後ろに引き棒の前端を右肩の方向に引きつゝ右斜前に地につき相手の棒を受く
相手 送り足にて一歩退り先を仕手の眼につける
仕手 右上に棒をすり上け右足を踏込み相手の棒の左側を拂ひ續て後端を前に振出し相手棒の右側を拂ひ更に右手を放ち棒を右上より左へ丸く廻しつゝ右手を以て後端を握り左足を踏出し相手棒の右側を拂ひ勝位をつける(上段)
仕手 棒を左脇下に引く

□ 飛鳥猿飛
仕手相手共 規定の距離に立ち棒を水平に持ち右足より発進す
相手 三歩目左手を以て棒の後端を握り体を少しく低くして仕手の左脛を拂ふ
仕手 足を揃へて上に飛上ると同時に右手を左頭の方へ持来し棒の後端か左脇に来るとき左手を以て握り両手にて相手の棒を押へ右手か後ろに左手か前になる如く頭の上にあけ体を少しく前にかけて勝位をつける(頭の上)
相手 棒を左脇下に引く

懐剣四本


■ 懐剣

□ 捨身
かまへ右の手にて懐剣のつか先を逆手に下より握り後に持ち直立したるまヽ左足より一歩出でヽ足を揃へて待つ
相手は剣をぬき肩にかけそのまヽかけ込んで真向に切りつくるを同時に仕手は右足を左斜に一歩充分に踏み出し折しきと同時剣を持つて敵の左腹より右腹にかけて切り返す
短刀にて敵の右腹を突く

□ 天
かまへ前に同し相手は前のかまへにて真向より切付け来る時
仕手は右足を一歩正面に踏出し折敷きて懐剣の逆手のまヽ懐剣を持つて棚受けをなして直ちに下より左の手にて敵の右腕のつけねを握り掌は向ふむきにして手を充分にのはし立上り右足先にして懐剣を後にてとりかへ敵の水月を突く

□ 地
かまへ前に同し敵は我の左腹に切りつけんとする時仕手は懐剣を逆手のまヽに体を左にまわして右横に受留め後向きに敵の体にすき間のなき様につきて左の手にて後手にて敵の後の腰をにぎり右の手の短刀にて敵の腹部を刺す(肩の当)

□ 人
懐剣をさして立ち相手と相手行掛りに間合になる時相手が我か胴をぬぎ抜(打の誤りか)ちに拂ふ同時に一けん送引に正面のまヽ引きて直ちに飛び込み左足を先きにして左の手にて敵の右の手首を握り
同時に我か剣をぬぎ右足を出し敵の腹を突かんとせし時敵より我右の手首を握る故に左足を一歩ふみ込むと同時に右の手を少しく挙けて敵の左の手の下をくヾり敵の手を我左の肩にかけて我右の手を下にはづしてそのまヽ敵の左腹を刺す
TOP