(c) 2017 武術の古文書 All rights reserved.

初代 星野角右衛門 1723−1791 熊本藩士 三藝師役

通称は角右衛門、諱は實員。熊本藩士 星野嘉右衛門實久の三男として生れる。家督は兄の星野嘉右衛門久矩が継いだ。
延享4年(1747)25歳のとき江口喜内之昌より伯耆流居合免許皆伝。四天流組討・揚心流薙刀は共に堀田孫右衛門之寛に学び免許皆伝。 宝暦11年(1761)39歳のとき御切米5石2人扶持を下され、御天守方御細工方手伝役として出仕。この間も内稽古で門弟を指南していた。 明和3年(1766)伯耆流居合・四天流組打の門弟中の願いにより出榭御免となり、明和4年(1767)門弟中共に出榭、御家老衆の見分など度々あり、その後も度々武藝御覧があった。 安永2年(1773)には更に揚心流薙刀を指南すべき内意があり、歩小姓にあげられ師役一偏(組並の勤めには及ばず、指南のみを行う)を命じられる。 安永6年(1777)55歳のとき周防岩國の伯耆流家元片山利介を訪問し流儀筋を正す。 天明2年(1782)中小姓、天明7年御花畑御用番となった。寛政3年(1791)歿、69歳。
六代細川重賢公・七代細川治年公・八代細川斉茲公に仕え、都合三十一年の御奉公。

掲載史料及び参考資料

『肥後熊本藩星野家文書』私蔵文書
『肥後武道史』熊本県体育協会編纂 青潮社
『近世剣術における訪問修行に関する研究―片山家文書『星野記』について―』和田哲也著
『片山家文書「肥料 熊本 星野角右衛門 藝州 広島 岸源蔵参着記」について』和田哲也著

星野角右衛門年譜

享保8年(1723)星野嘉右衛門實久の三男として生れる
寛保1年(1741)12月江口喜内より伯耆流居合目録相傳 19歳
延享4年(1747)江口喜内より伯耆流居合免許皆傳 25歳
宝暦11年(1761)6月御切米5石2人扶持下し置かれ、御天守方御細工方手傳役仰せ付けられ、御細工数仰せ付けられ日勤相勤め申し候 39歳
明和1年(1764)11月御切米2石1人扶持御加増拝領させられ諸役人段に召し直され、御同所御細工人仰せ付けられ日勤相勤め居り申し候内(期間)、同3年(1766)伯耆流居合・四天流組討門弟中より出榭願い奉り候処、同年12月出榭御免遊ばされ、同4年(1767)1月より門弟中共々出榭仕り候、その後御家老衆御見分等度々罷り出で申し候 42歳
明和7年(1770)8月25日同年武藝御覧遊ばされ候節、門弟中は8月25日御覧遊ばされ候につき、門弟中引き廻し罷り出で申し候て私組討の業御覧遊ばさるべき旨につき、同28日に罷り出で申し候 48歳
安永2年(1773)5月陽心流長刀をも指南仕り候様御内意御座候につき、6月より出榭仕り候、尤も右の内本御役方懈怠無く相勤め居り申し候処、同年8月伯耆流居合・四天流組討并びに陽心流長刀数多の門弟指南仕り候様子につき、御細工人御免遊ばされ師役仰せ付けられ御給扶持持○にて歩御小姓に召し直され、組並の勤めに及ばず師役一偏に仰せ付け置かる旨仰せ渡され、小川安右衛門組に召し加えられ、その後 戸嶋十郎左衛門組に罷り成り、その後 三井弥内組に罷り成り、その後 財津太郎右衛門組相成り、その後 大塚茂次郎組に罷り成り申し候 51歳
安永6年(1777)5月居合流儀筋問い合わせのため防州岩國にて先師伯耆守の子孫 片山利介方へ自勘にて罷り越し流儀筋相正し、同年8月罷り帰り申し候 55歳
安永9年(1780)2月作紋の御上下を拝領させられ候 58歳
天明2年(1782)9月大勢の門弟指南仕り候につき、3石2人扶持御足下し置かれ、中小姓に召し直され出田彦助組に召し加えられ、その後 神谷矢柄組に召し加えられ候 60歳
天明7年(1787)6月大勢の門弟流儀数指南仕り候につき、下し置かれ候御足扶持御加増に直ぐ下され、猶御足給5石下し置かる旨御花畑に於いて御用番仰せ渡され候 65歳
寛政3年(1791)2月御奉公都合31年相勤め寛政3年2月病死仕り候事 69歳

星野角右衛門の先祖

先祖 星野九左衛門実矩 生没年不明
初め立花左近将監殿へ八百石にて郡代役相勤居候。 権現様御治世の砌、立花家領分減ぜられし時侍五拾人加藤清正へ御預け、加藤様より先地半高四百石被下置。 加藤忠廣様御改易の節は御供致し京都に居住し住地に於て病死。

二代 星野四郎左衛門実則 不明−1673
妙解院様[細川忠利]肥後御入国の際、御供致し歩御小姓に被召出、他国御横目役被仰付候。 島原御陣の節は貝之役被仰付。 延宝元年十一月十四日病死。

三代 星野嘉右衛門実泰 1636−1727
寛文四年御側足軽被召出三人扶持十石被為拝領領、其後歩御小姓に被召出御細エの御用被仰付御役料五石被為拝領江戸定御供十二年相勤。 天和三年十月御用人手付横目被仰付御城内所々見分並に御武具拵継の御用受込相勤め申候。 元録三年九月御客屋奉行被仰付御切米五石御加増被為拝領歩御使番被召直、同七年三月御花畑御庭方小堀長左衛門部役彼仰付、其節被仰渡候は丹後青寵相寺以来同前の者と被為思召上候に付御大切の所へ被召直旨被仰渡御中小姓に被召直五人扶持御切米二十石被為拝領。御庭方支配共に都合五十七年相勤申候處、及老極難相勤躰御座候に付、享保二年十月御給扶持は差上御断申上候處、数十年相勤申候に付願之涌り被遊御允御休被仰付。 総雲院様(細川宣紀)御成五十に被遊御成候節は八十歳に相成申候に付、鳩の御杖を作リ差上申候様にと被仰付候に付差上申候處、御紋附御羽織被為拝領。 享保十二未年八月朔日病死す年九十歳。

四代 星野嘉右衛門実久 1683−1749
元録十年二月歩御小姓に被召出三人扶持被為拝領、御庭方見習父嘉右術門に指添相勤可申旨被仰渡候。 宝永七年四月御切米十石被為拝領引続き相勤居申候處、父嘉右似門右之通御休被下、親嘉右衛門と同前に彼為思召上旨にて御中小姓に被召直五人扶持二十石被仰付直に部役被仰付旨被仰渡候。 元禄十年より都合五十二年相勤申候内、為御褒美御紋付御上下御帷子御羽織御小袖金子等度々被為拝領候。 然る處病氣に相成物覺等も御座なく候に付、御役御断申上候處、延亨五年七月願之通被仰付、堀尾萬右衛門組に被召加候。 寛延二已年十二月二十八日病死年六十八歳。

榭とは

六代藩主重賢公が熊本城内二ノ丸に創建した榭は、家士等に武藝を学ばしむるための講武所であった(*宝暦4年創建)。”東榭”・”西榭”の二棟からなり、東・西あわせて”両榭”、”東西榭”とも云う。また時間によって(段階に応じて)、”昼榭”と”夕榭”に区別された(*夕榭の方が格上)。
榭において家士等を指南する武藝師範たちは藩命によってその役に就くもので、私はこれを在野の師範と区別し”師役”と表わしている。余談ながら、榭の創建当初、四天流師役に抜擢された本庄太兵衛は迷惑に思いつゝ渋々承諾したと云う。

星野龍助の養子縁組

星野角右衛門は、父 嘉右衛門實久の嫡男である軍次の二男 源五を養子に迎えていた。しかし、源五が天明6年(1786)4月39歳で早世したため、東祥伯の次男 龍助が養子に迎えられた。

星野角右衛門に至る系譜 伯耆流居合・四天流組討

江口喜内と同時期の伯耆流居合師役に、熊谷軍次郎直道・入江新内正祐がおり、熊谷軍次郎は御小姓組・高百石、入江新内は当人確認できず次代が御物頭列・御擬作高百石。すなわち、次代星野龍助のとき御擬作高百石を下されたことにより熊谷・入江と同じ身分となった。

成田清兵衛の高弟として平野角太夫、西勇平次、臼杵杢之丞の三人の名が挙げられる。
平野角太夫は平野治部右衛門の八男で浪人。成田清兵衛初年の弟子にて、門人を指南する鍛錬のため手数を増し修行させようと種々工夫を廻らし教示した。このことは師の成田清兵衛に任されていたと云う。
西勇平次は晩年の弟子で、よく流儀を受け継ぎ堀田孫右衛門、小野源吾などの上手を輩出した。
臼杵杢之丞は三藝共に達人であり、他国より修行者来れば御花畑において仕合を命じられ彼らを退けた。後に平素から険悪な間柄であった武蔵流の名人 村上平内との剣術勝負で後れをとり、師の成田清兵衛に勘当されたと云う。(『續荘兵衛咄 雑録』)

星野角右衛門の岩国訪問

 「安永六年五月居合流儀筋為問合、防州岩國に先師伯有守の子孫片山利助方へ自勘にて罷越し流儀筋相正同年八月罷帰り候」

家譜には上記のように記録されている。
この岩国訪問の詳細について、星野角右衛門が帰国に際して受け取った片山利介書簡に該当する記述が見られる。
 「先祖伯耆守以来等統的傳之居合并太刀筋少々御引渡仕候」
 「殊此度儀者寔暫之御滞留、御入門引渡一通り之儀ニ而御帰國」
 「此先當地御来駕寛々御滞留、御稽古御出精被成候者、追々奥儀迄も御傳授可仕候」

流儀筋相正した内容は、「御入門」と「居合并太刀筋少々御引渡一通り」のことであったと記されている。

なお岩国訪問について、片山家側の史料を研究された和田哲也氏の著『近世剣術における訪問修行に関する研究―片山家文書『星野記』について―』が詳しい。インターネットで閲覧可能。

星野角右衛門関係文書

1782. 先祖附 天明2年9月

星野家各代の履歴がまとめられた文書。天明2年(1782)9月星野角右衛門が中小姓に召されたとき藩に提出した控と見られる。

當流居合傳授巻物之冩

宛名は省かれている、江口喜内が星野角右衛門に傳授したと考えられる傳書三巻の写本。

當流介錯口傳聞書

『當流居合傳授巻物之冩』と同時期に作成されたと見られる写本。

1776.片山利介久義書簡 安永5年9月15日

御札致拝見候□□[此節]□□得
貴意候處秋冷の節弥御
安康被成御勤仕候由珍重
奉存候然は其元様御儀於其
御家中片山流居合御師範
御勤被成候付ては流儀□[筋]の儀
定て御心配の御事と乍慮外
感心仕候右に付野僕儀曽
祖父伯耆的傳相續の段
被聞召及遠境故色〃御
手寄御求被成候処此元町□
釘屋助右衛門と申者其御地
賣用罷越候段被聞召彼者
儀□□[貴宅]□□□被成御寛話
申□□委敷御□□[尋問]被成□[貴]□
傳達の義をも被仰付候由彼
者事八月初旬帰着御書中
持参忝落□[手/掌]仕候右御執心
の□□[儀に]付ては遥々御来駕□
被下度被思召候間何分助右衛門
迄及貴答候様御懇書の趣
具に致承知候於其儀此方何の
相□[構]候義も無之候得共野生
業前至て未熟誠家祖の
遺跡を継候迄の身柄に御座候
得は遠路御越被下候段は偏□[に]
及御断度乍去元来刀術
通家の義に御座候へは自然は
近邊御通行も被成候はゝ其節
御相對流儀筋の義緩〃御咄
申候□承度御座候間彼是左様
被聞召置候様奉存候尤其内
御傳来の御由緒は委曲被
仰聞可被下候如何様古伯耆
遍歴の節よりの御傳統にて可有
御座と致推察候得共何分
今一應貴答猶又御傳軸
の御冩□[抔カ]□□被差越被下度
奉存候尤商人躰にては万〃一
いつれそ相滞候様にも有之
候ては御互に如何の義にも御座
候得□[は]大坂御蔵屋敷よりの
御傳□□[共に]は相成申間敷哉左
候の時は遅引可仕儀も無之
□[に]付自□□御遣其□御取□[継]
致し候様仕度心得に罷在候間
彼是左様被聞召可被下候
先は貴答申上度如是に
御座候恐惶謹言

     片山利介
九月十五日 久義(判)

猶以私儀数馬実子にて當□[時]
彼者跡相續侍輩共指南相勤
罷在候故私より及貴答候猶又
助右衛門事は前〃私方立入の
者にても無御座處過頃其御地
□□[罷越]候□[節]は段〃御懇被成下
候の由私よりも宜御礼申上候様相頼
申候此段も得貴意候以上


星野角右衛門様
      貴報

1777.片山利介久義書簡 安永6年7月4日

           片山利介

 〆 星野角右衛門様   久義
        参人々御中

一筆致啓上候不相替残暑難堪奉存候弥御安康
御座候哉承度奉存候然て當流劒術御懇望付ては
遠境遥〃預御尋候段於拙者も本懐不少奉存候
因茲任御望乍慮外師資の御約諾仕先祖伯耆守
以来等統的傳の居合并太刀筋少〃御引渡仕候
素り一朝一夕の儀にて傳授相成候義に無之殊此度の儀は
寔暫の御滞留御入門引渡一通りの儀にて御帰國の段
於此方も残情の至御座候尤弥御深望にて此先當地
御来駕寛〃御滞留御稽古御出精被成候は追〃奥儀迄も
御傳授可仕候将又御滞留中度〃御尋問預御懇意候得共
毎〃麁末の義にて何の風情も無之遺憾不斜奉存候
既明日御出立被成候旨に付不腆の至御座候得共當所の
産物小菊帋百帖并新画一枚致進覧之候誠以
御餞別の注迄御座候猶書餘拝顔可申上と存候
如斯御座候恐惶謹言

 七月四日        久義(判)

松本源次郎行光 中奥師之書写

肥後で行われていた古流長刀の伝書の写。

TOP