(c) 2017 武術の古文書 All rights reserved.


澤浦盛道 1822−1896

伊勢崎藩士 鹿島神傳十四代 直心影流師役
文政5年9月9日(1822)生れ、江戸に出て一圓流剣術を片山義宣に学び、後に直心影流を男谷信友に学び蘊奥を究める。嘉永3年(1850)伊勢崎藩八代藩主酒井忠強公のとき近侍として召され、同藩の士澤浦盛将の跡を継ぐ。 元治元年(1860)天狗党の乱に際しては藩兵を以て隣境を守ったことから、以後も事有るごとに監軍を勤め度々賜物あり。伊勢崎藩九代藩主酒井忠彰公、姫路藩十代藩主酒井忠邦公の剣術指南役も勤めたとされる(『上毛剣術史 下:上毛剣士総覧』) 維新の際は東京市中取締を勤め、程なくしてこれを辞し藩政の改革に尽力して怠らず、伊勢崎藩九代藩主酒井忠彰より"勞"の名を賜った。 門下数百人、後藤一雄・五十嵐来助・畑野連次・鈴木孫八・横堀庄八・大澤要作などの高弟を輩出した。明治29年3月14日(1896)歿、享年75才。
掲載史料及び参考資料
『澤浦翁壽碑拓本』個人蔵
『上毛剣術史』諸田政治著

澤浦翁壽碑拓本

 尚武

澤浦翁壽碑  従四位子爵酒井忠彰篆額
翁名盛道通稱務後改勞本性田島氏後冒澤浦氏
考諱直道妣小久保氏以文政五年九月九日生於
上野國佐位郡保泉村自幼嗜武弱冠遊江戸入片
山義宣門學一圓流剣法後就男谷信友學直心影
流鍛錬數年遂究其蘊奥嘉永三年繼舊伊勢崎藩
士澤浦盛将君家配以其女在江戸邸召為近侍尋
為劒道師範元治元年水藩黨起隣境被害者多翁
以藩兵守世良田免其難爾後毎有事翁為監軍由
是數賜物維新之際為東京市中取締末幾辭之専
釐革藩政盡瘁不懈侯賜名勞盖異數也翁性剛毅
端正進退擧動一以至誠處之是以常蒙殊遇翁無
子養同藩菊池氏男三二配其女家道益隆令也齢
踰古稀矍鑠如壮年鶴髪童顔日夕諷詠點茶以為
樂不復顧世事談偶及武事意氣勃發有馬伏波之
風可謂居治不忘亂者矣頃者親戚及門人等相謀
建壽碑瀧原美次属文於余因叙其概云
明治二十七年一月  東京 佐倉孫三撰
          上毛 瀧原義雄書
               北原信平
【訳】
翁、名は盛道、通稱は務、後勞と改む。本性は田島氏、後ち澤浦氏を冒す。考(亡父)の諱は直道、妣(亡母)は小久保氏、以て文政五年九月九日上野國佐位郡保泉村に於いて生る。幼より武を嗜み、弱冠にして江戸に遊ぶ。片山義宣の門に入り一圓流剣法を學び、後ち男谷信友に就き直心影流を學び、鍛錬すること數年、遂に其の蘊奥を究む。
嘉永三年舊伊勢崎藩士 澤浦盛将君の家を繼ぎ、以て其の女を配す。江戸邸に召され近侍として在り、尋いで劒道師範為り。
元治元年水藩黨を起し隣境に被害者多し。翁、藩兵を以て世良田を守り其の難を免れる。爾後、事有る毎に翁、監軍為る由、是により賜物數あり。
維新之際東京市中取締為り、未だ幾(いくばく)ならず之(これ)を辭し、専ら藩政を釐革(りかく)し盡瘁(じんすい)して懈(おこた)らず、侯に勞の名を賜る、盖し異數也。
翁、性は剛毅端正進退擧動一、至誠を以て之を處す、是を以て常に殊遇を蒙る。
翁、子は無く同藩菊池氏男三二を養い、其の女を配す、家道益(ますます)隆令也。齢古稀を踰(こ)え矍鑠(かくしゃく)として壮年の如し、鶴髪童顔、日夕諷詠、茶を點て以て樂為り。また世事を顧み復せず、談(はなし)偶(たまたま)武事に及ぶや意氣勃發、有馬伏波之風と謂うべし、治に居りて亂を忘れざる者なり。
頃者(頃日)親戚及び門人等、相謀りて壽碑を建つ。瀧原美次、余に文を属され因りて其の概を叙すと云う。
『澤浦翁壽碑』は、鹿島神傳十四代にして伊勢崎藩の剣術師役 澤浦周吉翁の長寿を祝し、明治27年1月(1894)親戚・門人等によって建てられた碑である。ときに澤浦翁73才。古稀を越えてなお矍鑠とした様子が碑文に記されている。文中の有馬伏波之風とは、矍鑠の故事、馬援という後漢の武将になぞらえて云う。こゝに掲載したものは拓本で、澤浦周吉翁の高弟 後藤一雄が所蔵した。
TOP