(c) 2014-2017 武術史料拾遺 All rights reserved.

竹内三統流の伝書

竹内三統流目録
1900.明治三十三年十二月吉日
矢野廣次−西村信一

竹内三統流皆伝
1907.明治四十年十二月吉日
矢野廣次−西村信一
竹内三統流を矢野家に相傳したるは矢野仙右衛門親英にして親英は戸田勝英の叔父戸田勝就の傳を受け後高森惟右の傳を合せ添へて一流とせしに初まり其子彦左衛門廣英之を繼ぎ之が大成を期し同流を訪ねて切磋琢磨せんことを希ひ天保十二年藩公の許可を得て流儀の宗家作州竹内藤一郎久雄及高門竹内雅門太久居に就き夫れより四國、中國、大阪、京都等を武者修行し歸藩以来更に研究を遂げ従来の手數(型)を加除修正し一流を大成して門弟を取立たり其後弘化元年三月再び作州の宗家を訪ひ更に技術を磨き刀術(居合)を修め歸藩後益々盛大に門弟を教養せり矢野流の開祖と謂ふを得べき人なり。其子矢野司馬太廣則之を繼ぎ壮年にて逝去し廣次城家より入て矢野家を繼ぎ維新後同流の隆盛は一に同師の力に依れるものなり。
記録の種類:小具足腰廻目録と皆傳の二種あり。共に手數(型)の名稱を記載したるものなり。『肥後武道史』 新心無手勝流居合の伝書

掲載史料及び参考資料
『竹内三統流目録』個人蔵
『竹内三統流皆伝』個人蔵
『肥後武道史』熊本県体育協会編纂 青潮社

竹内三統流小具足腰廻








(印)
竹内三統流小具足腰廻

  専手

一拳 返
一車 返
一手 入
一胸 入
一胸 返
一切 落
一小手返
一裏之投
一腰 返
一襟 返
一脇 詰
一後 詰
一亂 捕

  體之曲尺

一向 返
一横 返
一後 返

  居合捕

一両手引
一脇 詰
一浪 越
一片羽詰
一肩 投
一夢之浮橋
一御意捕
一後 詰
一鹿之一足
一𩋙 詰

  中極意

   清眼

一太刀落
一攻 落
一逆 投
一小手捕
一四手碎

   腰廻捕

一髪 返
一四手詰
一片羽返
一花 車
一浮 木
一追 投

  小具足捕

一盶 搦
一向 返
一右劒返
一左劒返
一夢之枕
一投
一浮 舟
一柄 返
一膝 詰
一鏢 返
一胸 返
一向 詰
一太 詰

  打合捕

一陽 劒
一陰 劒
一虎 走
一猪 掛
一熊 詰

  以上

(印)
竹内三統流小具足腰
廻五十五箇條者竹
内流之系傳三統之
受傳授而撰其専
要為一巻處也深
固御懇望令相傳
畢吟味鍛錬可為
肝要者也


   矢野廣次

(印)
明治三十三年
 十二月吉日源廣次(印)(印)(判)

 西村信一殿

竹内三統流兵法






(印)
竹内三統流兵法

 甲身組打

一腰 詰
一磯之浪
一脇 詰
一流 水
一車
一前 搦
一後 搦
一甲 返
一組 詰
一遠 山
一向 要
一谷 風

右十二之手合變化四十八手有
一手四つ之乱と云ふ

  中死活     在別巻

 口傳二十三箇條  在別巻

 齋手八箇條    在別巻

  後捕脇捕

一君不知
一夢之投
一肩 投
一𩋙 落

  神傳

   五件捕手

一立 合
一居 合
一込 添
一風呂詰

  付
   武者搦

一高上位

(印)
此一巻者竹内流系傳三統
受學而撰其専要為極
意處也年来施他事晝
夜染心感御熟心令皆傳候
敢而懈怠有間鋪者也

   矢野廣次(印)

竹内流兵法元祖

 作州住人
  竹内中務太夫久盛─┐
 ┌─────────┘
 └─竹内常陸助久勝─┐
 ┌─────────┘
 ├─竹内加賀之助久吉┐
 │┌────────┘
 │├竹内角左衛門久次┐
 ││ ┌──────┘
 ││ └竹内角左衛門久重┐
 ││ ┌────────┘
 ││ └竹内藤一郎久政─┐
 ││ ┌────────┘
 ││ └竹内藤一郎久孝─┐
 ││ ┌────────┘
 ││ └竹内藤右衛門久愛┐
 ││ ┌────────┘
 ││ ├竹内藤一郎久雄─┐
 ││ │淡州住人    │
 ││ └竹内雅門太久居─┤
 ││          │
 │└荒木無人齋─┐   │
 │┌──────┘   │
 │└中村大蔵行春┐   │
 │┌──────┘   │
 │└渡邊助之進重正┐  │
 │┌───────┘  │
 │└小堀虎之助元方┐  │
 │┌───────┘  │
 ││武州住人      │
 │└隈部六郎左衛門親論┐│
 │┌─────────┘│
 ││東肥住人      │
 │└戸田助左衛門勝就─┐│
 │          ││
 └小林善右衛門勝元─┐││
 ┌─────────┘││
 └高島六兵衛重武──┐││
 ┌─────────┘││
 └中村源右衛門正信─┐││
 ┌─────────┘││
 └白石太郎右衛門直之┐││
 ┌─────────┘││
 │東肥住人      ││
 └高森九兵衛惟之──┐││
 ┌─────────┘││
 └高森太郎兵衛惟右─┐││
 ┌─────────┘││
 ├──────────┘│
 ├戸田孫助勝英     │
 │           │
 └矢野仙右衛門親英┐  │
 ┌────────┘  │
 ├───────────┘
 ├矢野彦左衛門廣英┐
 ├────────┘
 └矢野司馬太廣則─┐
 ┌────────┘
 └─矢野廣次(印)

(印)
明治四十年
 十二月吉日 源廣次(印)(判)


 西村信一殿


*系図線一部引違修正
TOP