(c) 2017 武術の古文書 All rights reserved.

起倒流柔術鎧組討の傳書

本體之巻
1796.寛政八丙辰年林鐘穀旦
今堀吉之助能寛−山中丹右衛門

天巻
1796.寛政八丙辰年九月
今堀吉之助能寛−山中丹右衛門

地巻
今堀吉之助能寛−[山中丹右衛門]

人巻
今堀吉之助能寛−山中丹右衛門

性之巻
1815.文化十二乙亥年十月
今堀吉之助能寛−山中丹右衛門

口傳秘書巻
今堀吉之助能寛は幕臣、安永3年(1774)8月7日18才のとき家督 安永5年(1776)2月22日浚明院(家治公)にまみえたてまつり、寛政7年(1796)10月6日西城の御徒目付となり、班次故のごとし。
『口傳秘書巻』はその文体から察するに流派が受け継いできた伝書ではなく、師範が弟子へ傳授したそのとき限りの作成であったと考えられます。同書の文中において「人の巻」については「右いづれも用に立たぬこと也、故に流義に右様のわざこれ無し」(※右いずれも、というのが全てを指すのか、或いはそこまでの数項なのか定かでない)と、「諸流十二の形」については「此の十二の形も用に立たぬこと也、是にて色々のわざを教ゆる義なり」と註釈されており、従来の伝書からはうかゞい知れない実際の教授の有り様が記されています。

掲載史料及び参考資料
『起倒流柔道鎧組討合巻』個人蔵
『口傳秘書巻』個人蔵
『寛政重修諸家譜』続群書類従完成会
『江戸幕臣人名事典』熊井保編/新人物往来社
『日本武道体系』同朋舎

本體之巻

起倒流柔道鎧組討合巻
(印)
 起倒流柔道鎧組討本體
 之巻
(印)
本體者体之事
理也専離形扱
氣不得正理己
不知扱氣静貌
至所得静氣敵
之強弱能徹強
弱通達則千變
萬化無不制敵
是則中虚實為
本務体之正而已
故本體云爾

    今堀吉之助
寛政八丙辰年
 林鐘穀旦 平能寛(印)(印)(判)

 山中丹右衛門殿

(印)
[図]

本體青色東團形
金體白色西半月
火體赤色南三角
水體黒色北圓形
土體黄色中四角

 殺活

天巻

(印)
  起倒流

 天巻
(印)
起倒はをきたをると訓す、起は陽の
形、倒は陰の形也、陽にして勝、陰に
して勝、弱にして強を制し、柔にして
剛を制す、吾力を捨て敵の力を以て
勝、不然して吾力を頼み吾力を
出す心あらは勝利不全、勝利
全き處、貌は敵に随て変すれとも、我
心不動にして静正なる時は、不可有
不得利

當流に本體と云事を始にしめす
本體とは何を云そなれば、心裡虚霊
にして神氣不動、貌をさして本
體と云、敵に對するに爰に敵ありと念
の起る時は、動するもの顕る、動するに至て
一身むなし、敵とみて然も心不動虚
霊にして安對する處、本體備われ
るなり、是を不動智と云、平生の神氣
不動の工夫熟得肝要也、神氣不
動にして敵に對すれは、敵氣をのまれて
迷ふ、こゝを先を取とも云、たとへ敵より
先んにとりかけても、吾神氣不動
なれは、敵速に事をなすことあたわす
しかるうへは勝利たしかにあらすや

一 風水智音
一 目附
一 起居心
 須掌静謐
  以上

寛政八丙辰年九月 今堀吉之助
          能寛(印)(印)(判)

 山中丹右衛門殿

地巻

(印)
  地巻
(印)
 序
ほのかに聞、中頃福野某と云
人有て組討雌雄の術を修煉し
微力にして剛強に對し全く勝
利をうる事をなす、然はあれと
其術世にあまねく傳るもの多
からさりしに、三浦某寺田某
此両氏、福野氏門弟として一貫
の道を極む、其後両士流を分て
廣く衆を導く、所謂、三浦は和と云
寺田は柔と教ゆ、兵法に曰、柔
能制剛と、まことにゆへ有哉
予か師寺田正重、先祖の業をう
け切磋琢磨してその淵源を
極むるのみにあらす、更に己か意を
つけて無拍子と云事を発明す
是則微妙の真利也、號て起倒
と云、授る于三巻の書を以す
しかしより此かた其術益明らかに
して、門人弥すゝみ、その名
四方に高し、予又彼門に遊ふ事
とし有、後学の徒、夜半に思ひ
夙にねり、終に無拍子の真利を
握る事を得は、其敵に應し
速なる事、石火のことく勝を
とる事、素手にして強蛇を
搦るに同しからむと云爾

 寛文十一辛亥春三月上弦

一 敵に柔剛強弱之事
敵に柔剛強弱の位あり、柔弱の
人に向ふとも軽しめ侮るへから
す、又剛強の人に對するとも
危ふみ恐るへからす、常の修煉に
柔弱の相手には、剛強の人のことく
心を励し、剛強の相手ならは、柔
弱の人のことく思ひこなして修行
すへし、然は修煉には剛強の人
柔弱の人、長高大の人、低小の人
其嫌なく修煉して獨立の位に
いたるへし

一 無拍子之事
當流無珀子といふ事眼目なり
世にもてはやす和捕手と云には
拍子表裏の位を求て勝負を決
定する事多端也、無拍子は是に
異なり、敵に拍子表裏を求るとも
亦は無二無三に取掛るとも敵の表
裏拍子に乗らす、我直躰に備へ
正心神氣を動かさすして、向ふ時は
躰氣満々とみちて敵の強弱
邪正表裏遅速の氣さし未
顕れさるに察し、秘術を振ふと
いふとも、是に應して變化し
勝利を得事疑へからす、拍子
といふに二品あり、軽くうき立
たるを皮肉の拍子と云、重く静
なるを筋骨の拍子と云、浮立
たる拍子を請て勝利をうる事
如何程も有へけれとも、危き事にて
真の利にあらす、拍子に出来不出来
遅速有ゆへなり をもきの字此所へつゝく也
重きも軽きもともに拍子を
用ひす、然とも熟得して後は
其業につれておのつからなる
拍子あれとも、拍子を好み用ひさる
事右のことし

一 調子之事
調子といふは拍子に似て似さる所也
軽くこまやかなるを陽の調子といふ
況てゆるやかなるを陰の調子といふ
右の品は書のへかたき面々色々
所作を修煉するうちに自然と
心に合する所の調子を得て覚悟
すへし

一 位之事
位は波上浮木の位やうき立なみ
には浮、況む浪にはしつむかことく
敵の氣力の烈しきにさからわす
夫に随ひ應して、其氣力を察し
勝利をうるなり

一 先々先後先之事
先に取掛て其先をぬかすして
勝を取、是先々先敵よりとり掛
られて敵の先を抜て勝を後の
先と云、求すして叶處勝利
なり、或は先或は後先と求る心
あらは心とまるなり、心とまる
所に於て勝利あるへからす
適(たまたま)勝利有とも拍子表裏の
危事にて実理にあらすと
知るへし

一 水上の胡芦子之事
水上に胡芦子を打は捺着即轉
といふ事あり、瓢を水ヘ入て手を以て
推は脇へ出、いか程力を以て押と
いへとも同し事にて留らぬ也
其如く敵の力にさかふへからす
是波上浮木と似て氣味また
少し弁へあり、修煉自由を得て
如此成刻は、いか成剛強と云とも
制せすといふ事有へからす
 大水の先に流るゝとちからも
  身をすてゝこそ浮む瀬もあれ
是又おなし心はへ成へし

一 氣躰之事
氣は鉢のみつる所なり、氣の
起るを陽と云、おさまるを陰といふ
當流専氣のあつかいを教て
業をなさしむるといへとも、氣
と云て顕われたるものにあらす
躰の備あしけれは其氣も随て
つりたるみ出来て全からす
平生安座したる形は意氣満々
として安躰無事なり、然るに
所作をなしうこき働きする時は
其業につれて或は左にかたより
右にかたより終に平生の氣を損す
この故に當流に秘して教る所也
己か方寸の元氣を養ひ、ものに
心をとめす、其基と成處を
健固に守れは業をなしうこき
働といへとも、根本とするの元氣
立しかもやわらきすわつて
正しきゆへに、用る所の氣自由
自在にして左に力を入れとも
右の空しき事なく、右を働せ
とも左のうつろなることなく
前後又同し、起居動静ともに
常遍の平氣と成、是則天の巻
にいふ処の不動智なり、兵書に
曰克己と云ともかよふへきか、己れ
に勝て躰正き時は千万人に勝の
利ならむ

一 志氣力差別之事
志と氣と力との差別、わけていひ
かたし、然れとも是をわかつて
いふは志の趣につれて、其むかふ
ものを取らんと手の出るは、何そ
なれは志に随ひ、動て氣のかよふ
ゆへ也、其ものを持上るは何そなれは
氣に随ひ集る所の力也、力の出る
所は氣集、氣の通ふ所には力も
随ひ寄といふ事、定たる理にして
氣力不二と成、然とも爰に差別を
なして記事は力を先たて業
をせは其害甚多し、是を以て
力を捨、唯氣のあつかいを修行
せしめんため也、業熟するに
至ては人々の有来の氣力の動
につれて、其業に應し出る
事、教をまたすして備るへし
是元来氣力不二の處也、力を
一向に嫌と云にはあらす、譬へは
力の有人と無人と同位の上手に
至らは、力有にしくは有へからす
然とも事業いまだ熟せさる中に
力を用ゆる所はりきみと成、氣
の扱と力の扱との差別をいはゝ
事業をなす處軽く和にして
すらりとこたわりなきを氣の
扱といふてこのみ用ゆるなり
重く剛氣にしたる氣を力の
あつかひとして是を甚嫌ふ
なり

一 前後際断之事
前のこゝろを跡へつなかすして
其間をたち切へしと也、是を
含て修煉すへし、敵に對するに
心うこかす不滞して力の合ぬ
所にして勝利を得る事、たとへは
頭へ渡るものは下空虚なり、然は
かうらへこゝろを移さすとゝめす
其空虚を制す、おこる所を見て
發處をすて、虚に乗らすして
是を制するは前後際断の意歟

右者當流之秘傳也
能可有熟得者也
   平能寛(印)(印)(判)

人巻

(印)
 人巻
(印)

夢中   身碎

力避
水車   車反

水流
曳落   水人

虚倒
打碎   柳雪

谷落
車倒   坂落

錣取
錣反   雪折

夕立
滝落   岩浪

 表裏廿一

柄取   小尻反
諸手取  二人取
四人詰  戸入
鎧組 附馬上腰當鞍堅
居合   早縄


 以上

   今堀吉之助
      能寛(印)(印)(判)

 山中丹右衛門殿

性之巻

性之巻
(印)
  二勢中

  五行中

  陰陽中

(印)



 氣


忘氣

太極

 以上

右雖為極意多年
執心因熟煉以口傳
不残令授與所如件

文化十二乙亥年 今堀吉之助
 十月      平能寛(印)(印)(判)

 山中丹右衛門殿

口傳秘書巻

口傳秘書巻
 體之巻
本體は体の事理也、専ら形を離れ氣を扱う、正理を得ずして己氣を扱ふを知らず、静かなる貌(かたち)静なる氣を得る所に至て、敵の強弱能く徹し強弱通達せば、則ち千變萬化して敵を制せざると云こと無し、是則虚實に中(あた)る為に本を務むるは体の正しきとするのみ、故に本體と云爾
 右の正理と云は術の正理にあらす、全躰天地の間、萬物の正理也
 虚実に中(あたる)と云は呼吸の間え中る也

一 殺活の口傳は、殺はのどしめるなり、活は當流にては後より抱へて起し立て腰をふみ倒す
又関濽流にてのどじめには○はらばいにふさしめて、四足を持てあをつ
又中の活には同しくふさしめて七九の所に右の手の中て有なり、揚心流も同しこととも申なり
此関せんりうの死活は山名氏にて合田祐順受たりと云、予故有て傳之、何れも術口傳

一 殺活の時、人のこきう晝夜に数一万三千五百息として、其割を以て三百息の内は活あたる、其余あやうし

 天の巻
一 心裡虚霊(しんりきょれい)とは心のうちかゞみののとぎたてたるが如を云

一 風水智音(ふうすいちいん)とは不動智しんりきよれきなるときは不見して敵の胸中通つる義なり

一 須らく掌(たなこゝろ)を静謐(せいしつ)にすへしとは、只歌を手の中にてかるくもむやう心を安く修行せよと也

 人の巻
一 形表十四 たい ゆめのうち りよくへき 水くるま みつながし ひこをとし むなたをし うちくだき たにをとし くるまだおし しころどり しころがえし ゆうだち たきをとし

一 同裏七手、無段と云 みくだき くるまがえし すいれん りうせつ さかをとし ゆきをれ いわなみ

一 柄取とは両手にて大小のつかを持ていかゞするぞと云とき、敵の鼻をつまみたること也

一 小尻反のときは少し左えつゝこみて足ふみこむとゆるむ也

一 諸手取は両手にて両手をもつとき手をすてゝ前へひきふみこみて倒す、敵より引てもつきても同し

一 二人詰(とり)は両方より両手にて手首を持つよく引ときに片し引てひじにてあてこむ也

一 四人詰は二人取に又向に二人立時、左を引右の人にわさをかけて向の左の人にかゝるなり、夫より又右の人にかゝるなり、すじかへてかゝるなり

一 戸入は、戸口出入のせつ戸にそいてあけうかゞいて入こと也

一 鎧組は四つに組て上手にてかぶとのしころを持てそのもちたる方のひさを折、三つ足になりたゝみふせることなり
 附、馬上と有は早く自分より組をちて組しくこと也、腰當鞍堅、腰より細を前へとり前にてもじりあぶみへよくふみつけるなり

一 居合とは常に心得あること也

一 早縄とは八寸縄のこと也、縄はことの糸をねりて用ゆ、前後鉄にて板金形、□ 如此大さ金五六分

一 中は・面え下より中る上(しやう)しんと云・両の耳を打を松風と云・八十より上の中しん上の中と云・両眼の中むらさめと云


一 四人詰に両手をぎやくに取ふせられ足も二人にてをさゆるとき、足の少しゆるみたる方をかゞめてしりを少しふり、體をねしると手のぎやくはつるゝなり

右いづれも用に立ぬこと也、故に流義に右やうのわさ無之

 性之巻
一 二勢中はつよくかゝる者をくぢき、よわきてものにてかつ也

一 五行の中は體にてあてる也、敵の腹内に中ること也

一 陰陽の中は虚實にて中ること也

一 性は天より生れ来る処の義也

一 心氣は心氣をあるかうことをもつはらとす

一 機は今をこるきさしこうして勝あゝして勝のきさし也

一 忘機は何もをもわすしてをこりをまつにもあらす、しかけにもあらすして勝こと也

一 大極は何もなく只こんせんとしたること也、是より何事もをこる也

 諸流十二の形
一・二
一 もろ手取は立て右の手上にして両手にてむね持つく取方左の手にて下の手を持左の足引右の手上より割込右へ倒す、左右二手也

三・四
一 片手をとしは右の手にてむねとる取方右の手にて手先を持左の手をそへぎやくにはなし前へ打也、左右二手

五・六
一 なびきは両手にて両手首もつ取方虚実にふり足を敵の足の後へふみ込たをす、左右二手


一 うしろ掛一人先へ行取方一人跡より行えり持引かゝみふみ倒す

八・九
一 俤(をもかげ)行違取方より両手にてむねなで右の足ふみ込さかに腰いだき倒す、左右


一 たいかい右の手にてまつこうをうつ取方左にてうけその手逆にとりかたより前へをとす

十一
一 ともへは取方より両手にてむね持なからわかれ取直にのとしめる

十二
一 四手からみはあぐらかき居る左の手を左の手にてもちひつたつる也、立ぬゆへに右の足ふみ込右の手前より入て引立て後へ少しふり又前へたをし手をねち上げうしろにてとめる

此十二の形も用に立ぬこと也、是にて色々のわさををしゆる義なり
TOP